hair Treatment

薬を摂り入れた治療

薄毛に悩む人の中には、クリニックを利用して薄毛を改善する人もいます。
薄毛になる原因は様々にあるため、その原因に合わせた改善を行なわなければ薄毛の改善を目指すことができません。
そこで、薄毛治療として行なわれているのが、内服薬を用いた治療です。
内服薬として最も有名なのが、発毛や育毛効果のある塗るタイプの内服薬です。
男性の薄毛治療で用いられているのが、ミノキシジルやフィナステリドという成分です。
発毛や育毛効果が高く、98%の確率で効果が現れます。
飲むタイプもありますが、塗るタイプのどちらもあります。
他にも、AGA治療薬としてデュタステリドという薬もあり、フィナステリドよりもさらに高い効果があるとして薄毛治療の中で高性能な薬です。

女性の薄毛治療の場合は、ジヒドロテストステロンとういう成分やロゲインといった成分を用いた内服薬です。
男性と同じように塗るタイプも飲むタイプのどちらもあり、選ぶことができます。
男性と女性は原因が異なるため、薄毛治療をする際に用いる薬は性別によって効果が異なります。
女性の場合、妊娠によってできる脱毛症やストレス、ホルモンバランスの乱れなどで一時的に髪の毛が抜けてしまうことが多いため、時間が経過するとともに自然に改善されることがほとんどです。
しかし、中には男性と同じように遺伝などで薄毛に悩まされる可能性もあるため、クリニックで薄毛治療を受けて改善を目指しましょう。
性別はもちろん、原因も個人で異なるため、どちらも一度クリニックに相談し改善を目指すことが大切です。